2017年3月6日 更新

ダイエット中でもスイーツ食べたい!いつ食べる?【朝からケーキでダイエット!】

ダイエット中でも甘いもの、特にスイーツなんか食べたくなりますよね。「でもダイエット中にスイーツなんて食べたら、太っちゃう・・・」いえいえ、実は大丈夫なんです!スイーツも正しく食べればダイエットの味方になってくれるんです。

2017年3月6日 更新

ダイエット中でもスイーツ食べたい!いつ食べる?【朝からケーキでダイエット!】

ダイエット中でも甘いもの、特にスイーツなんか食べたくなりますよね。「でもダイエット中にスイーツなんて食べたら、太っちゃう・・・」いえいえ、実は大丈夫なんです!スイーツも正しく食べればダイエットの味方になってくれるんです。

ダイエット中でもスイーツ食べたい!

ダイエットを頑張ってるみなさん!

日頃の食事を改善して摂取するカロリーを減らしたり、また摂取したカロリーを効率良く消費するために運動をしたりと、ダイエット中ってなんだか忙しいですよね。

でも、ダイエットに忙しくて疲れてきたら、なんとなくスイーツなんか食べたくなりませんか?

無理のしすぎはカラダに毒ですからね!ストレスを溜めすぎても、かえってダイエットに良くないかもしれませんよ。

そこで、今回はそんなダイエットを頑張るみなさんに、ダイエット中にスイーツはいつ食べたらいいのかというのをお伝えしたいと思います!

スイーツを食べても大丈夫な時間を知って、賢くダイエットしちゃいましょう!

タルト

タルト

ダイエット中でもスイーツ食べたい!

出典:Pixabay

スイーツはいつ食べるの?

ダイエット中にスイーツを食べたくなったら、いつ食べるのが正解なのでしょうか。

その答えはズバリ午後3時!いわゆる「3時のおやつ」の時間ですね。

どうして午後3時がいいのか、その理由を見ていきましょう。ポイントは血糖値の上昇にあります。

血糖値とインスリン

血糖値が上昇すると、インスリンという物質が分泌されます。インスリンは糖を分解してエネルギーに代えたり、脂肪の合成を促したりする働きを持っているんです。

食事をした直後って、血糖値が上がっている状態なんですが、その血糖値が上がっているところに甘い物を食べたら、さらに血糖値が急上昇して脂肪ができやすくなってしまうと思いませんか?

血糖値が元に戻る時間

例えばお昼のランチを食べ終わるのが午後1時ごろだとして、ランチを食べ終わった直後は血糖値が上昇している状態でしたよね。

この上昇した血糖値が元に戻るのが約2時間後なんです。

つまり午後3時

血糖値が元に戻った状態であれば、スイーツを食べても血糖値が急上昇することをある程度防げます。

インスリンによる脂肪の合成を抑えられるっていうことですね!

さらにもう一つ、「3時のおやつ」が太りにくい理由があるんです。

それがBMAL1(ビーマルワン)と呼ばれるタンパク質なんです。

BMAL1が少ない時間帯

BMAL1って脂肪を溜めるタンパク質なんです。ダイエット中にはありがたくないものですよね笑

でも、このBMAL1は時間帯によって多かったり少なかったりするんです。

つまり、BMAL1が少ない時間帯にスイーツを食べれば太りにくい!ということですね。

そのBMAL1が少ない時間帯が午後3時なんです!

なるほど、やっぱり「3時のおやつ」は理にかなっていたんですね。

スイーツを食べるのは午後3時!

スイーツを食べるときに、温かい飲み物を一緒に飲むと代謝が上がってダイエットに効果的ですよ!

マカロンと紅茶

マカロンと紅茶

スイーツには紅茶が合いますよね

出典:Pixabay

温かいものを飲むと「美味しかった!」っていう満足感もアップしますからね。ダイエット中にスイーツをいつ食べたらいいんだろうと思ったら、ぜひ「3時のおやつ」にスイーツを召し上がってみてくださいね!

朝からケーキを食べてダイエット

とは言っても、それ以外の時間に甘いものが欲しくなることも。甘いものって、ダイエットしているときにどうしても欲しくなってしまいますよね。いつもは食べるのを我慢しているんだけど、どうしても我慢できなくなって甘いものを食べちゃった・・・なんていう経験を持つ人も多いのではないでしょうか。

でもそれって実は仕方がないことなんです。特に女性は、カラダの仕組みとして男性よりも甘いものを欲しやすいと言われています。カラダの仕組みなら、もうどうしようもないですよね。

「どうせ食べるんだったら、ダイエットに与える影響を最小限にして上手にスイーツを食べたい!・・・でも、どうしたらいいの?」

実はその答えが朝からケーキを食べる!なんです。ケーキを食べてダイエットできるなんてまるで夢のようなお話ですが、そんな夢のような方法が現実にあるんです!早速、詳しく見ていきましょう。

朝ならケーキを食べても大丈夫な理由

ヒトのカラダって、朝から昼過ぎくらいにかけて代謝がとってもよくなっているんです。だから、この時間にスイーツを食べても脂肪になりにくいんです!

さらに、朝にスイーツを食べるメリットがもう一つ。同じものを食べるにしても、夜中よりも朝に食べたほうが、そのカロリーを消費できる機会って多いですよね。

ダイエット中って甘いものを食べないようにしているので、食事をしてもなんだか物足りない感じがありますよね?でもこの方法なら甘いものもしっかり食べることができるので、満足感が高くなってダイエットを継続させやすいんです!

なるほど、夜食べるよりも朝食べたほうがダイエットには良さそう!でも、どんなスイーツを食べたらいいの?

そこでオススメしたいのがケーキなんです。ケーキには意外とカロリーが低いものが多いんです!

シフォンケーキやチーズスフレだったり、バターや生クリームがあまり使われていないものならカロリーって低いんです。その他にも、野菜を使って作られたケーキも低カロリーですよね!

また、ケーキ以外のスイーツだったら和菓子がオススメ!和菓子も脂肪分が少ないもので作られていることが多いので、朝から食べて大丈夫です。

シュークリーム

シュークリーム

シュークリームも低カロリー

出典:Pixabay

温かいものと一緒に食べる

スイーツを食べるときには、温かい飲み物やスープと一緒に食べてみて!温かいものを飲むときって時間をかけてゆっくりといただきますよね。その方がカラダの負担も少ないですし、カラダを温めると代謝も上がるんです。

おいしいスイーツを温かい飲み物と一緒に召し上がってください!

ココア

ココア

温かい飲み物って美味しい!

出典:Pixabay

最後に

このダイエット方法って、実はあのフランス王妃マリーアントワネットの食事スタイルが元になっているんです。絶世の美女でスタイルも抜群だったと言われるマリーアントワネットですが、彼女も朝からケーキを食べていたと言われています。

歴史的に見ても、スタイルのいい人って賢くダイエットしてたんですね!私たちも彼女を見習って、ダイエットを成功させちゃいましょう!