2017年4月12日 更新

ダイエット低カロリー簡単野菜スープで健康的に痩せちゃおう!【スザンヌさんも7キロ痩せた!スープジャーも活用】

ダイエットしてもちろん痩せたいけど、健康にも気をつけながらきれいに痩せたい!体重も脂肪も減らしてくれて、さらに美肌までゲットできちゃう野菜スープを飲んで、あなたもカラダの内側から健康美人になっちゃいましょう!

2017年4月12日 更新

ダイエット低カロリー簡単野菜スープで健康的に痩せちゃおう!【スザンヌさんも7キロ痩せた!スープジャーも活用】

ダイエットしてもちろん痩せたいけど、健康にも気をつけながらきれいに痩せたい!体重も脂肪も減らしてくれて、さらに美肌までゲットできちゃう野菜スープを飲んで、あなたもカラダの内側から健康美人になっちゃいましょう!

ウソでしょ?スープでダイエットのスーパー効果

ダイエットスープ

ダイエットスープ

低カロリーで、使用している病院もありますね!

出典:o-dan

ダイエットに使うスープは「脂肪燃焼系スープ」と呼ばれるものです。このダイエットは心臓外科手術を受ける患者さんが短期間に痩せるために考案されたスープが元になっています。病院で使っているくらいですから栄養はバッチリ。

「食事をガマンする」ダイエットはよくありますが、「食事を食べていい」ダイエットなんて、信じられない人もいるかもしれません。でも、ご安心下さい。もちろんその効果もバッチリ。脂肪燃焼系スープを使って1週間で8キロのダイエットに成功した人もいるといいますから、驚きです

食事を我慢しないでダイエット

食事を我慢しないでダイエット

低カロリーな食事でダイエット

出典:o-dan

効果バツグン!簡単!お手軽!ダイエット

ダイエットというと、「やるぞ!」と決心した後に、必要な道具を買いそろえなければならないイメージがありませんか?道具を買いに行くところで、挫折してしまうという経験がある人も多いと思います。

挫折

挫折

ダイエットで挫折してしまう・・・

出典:o-dan

ところが、脂肪燃焼系スープを使ったダイエットは専用の道具がありません。自宅にある鍋でスープを作って決まったスケジュールで食べるので改めてダイエット用の料理を用意する必要もありません。こんなに簡単に始められるダイエットをやらない手はありませんよね。

お家で簡単!脂肪燃焼系スープの作り方

プチトマト

プチトマト

スープ入れてみましょう

出典:o-dan

脂肪燃焼系スープの作り方は簡単。脂肪燃焼に効果のある野菜を煮込むだけです。脂肪燃焼に効果のある野菜はトマト、タマネギ、セロリ、キャベツ、にんじん、パプリカ(ピーマンでもOK)

これを細かく刻んでたっぷりのだし汁で煮込み、やわらかくなったら塩コショウで味付けをしてできあがり。だし汁はコンソメ、昆布だし、かつおだしなどなんでもOKです。お好みで選んでください。塩はむくみやすくなりますので、控えめにしましょう。

他の野菜でもOK

他の野菜でもOK

苦手なものは置き換えても大丈夫

出典:o-dan

ちなみに、もし脂肪燃焼系スープに使う野菜で嫌いなものがあったら、それは無理して入れなくても大丈夫。キャベツが嫌いなら同じアブラナ科のブロッコリーを入れる、タマネギの代わりにニラ、セロリの代わりにほうれん草といった代替の野菜があります。

ただし、残念ながらトマトだけは代わりになる野菜がありません。トマトの嫌いな人はダイエットをきっかけに克服するチャンスにするのもよいかもしれませんね。

簡単!だけど、守らなきゃいけないルールもある

スケジュール

スケジュール

ダイエットメニューをチェック

出典:o-dan

1ヵ月、2ヵ月と長期にわたってダイエットする必要がなく、1週間程度で効果がでます。ただし、1週間の食事はしっかり決められています。

1日目:スープとバナナ以外の果物を食べる。水分は水のみ飲んでOK
2日目:スープと豆類以外の野菜を食べる。
3日目:スープと野菜と果物を食べる。
4日目:スープとバナナとスキムミルクを食べる。バナナは3本。スキムミルクは500ミリリットルくらい飲みましょう。
5日目:スープとトマトと肉を食べる。肉は牛の赤身、鶏、魚などを350~700グラムくらい食べます。トマトは6個まで食べてもOK。スープも1杯以上は飲みましょう。
6日目:スープと牛肉と野菜を食べる。牛肉の量はどれだけ食べても大丈夫。野菜とスープも忘れずに摂るようにしましょう。
7日目:玄米と野菜とフルーツジュースを食べる。玄米が苦手な場合は、リゾットでもOK。スープは必ず飲みましょう。

ばっちりダイエット

ばっちりダイエット

がっつりダイエットしましょう

出典:o-dan

これさえ守れば、1週間でガッツリダイエットすることが可能です。何よりのメリットはスープの量が制限されていないので、お腹いっぱい食べられます。ダイエット中なのに「食べられない」というイライラが少ないのがうれしいですよね。ぜひ試してみてください。

ダイエット野菜スープ

新鮮な野菜ってとっても美味しいですよね!みずみずしくて、ドレッシングをかけて食べるのもいいですよね。

そんな美味しい野菜をスープの中に入れて、デトックス効果のあるスープにしちゃいましょう!

野菜は健康の味方

野菜は健康の味方

さまざまな栄養が含まれています

出典:Pixabay

実はこのデトックススープ、タレントのスザンヌさんもテレビ番組で紹介していたんですが、スザンヌさんのブログに詳しく作り方の例が書かれているので引用させていただきます!

分量は約7食分です。

☆材料☆ 玉ねぎ3個 セロリ1本 ピーマン1個 キャベツ半玉 鳥のササミ3切れ しょうが1片 ホールトマト1缶 チキンスープの素1個

野菜をお好みの食べやすい大きさに切る。

しょうがはすらずに2cmぐらいに切り、 ササミは食べ応えがあるほうが満足度が得られるので、少しおっきめに切ってます。

すべての材料を鍋に入れ、約10分間煮込んで完成です☆

出典:スザンヌ オフィシャルブログ「Suzanne No Blogzansu Powered by Ameba

デトックス効果はもちろんですが、セロリやキャベツなんかには食物繊維が含まれていますから、お通じの改善も期待できちゃいますよね!

野菜なのでカロリーも抑えられ、ダイエット効果もあります!

まさにダイエット野菜スープですよね。

病院でも行われているダイエット

野菜スープによるダイエットって、実は病院でも行われていたりするんです!

手術前に体重を減らす必要がある場合など、健康面に配慮した減量を行うときに野菜スープを利用するんです。

病院で行われているって、なんだか効果がありそうですよね!

病院でもダイエット

病院でもダイエット

あなたの健康を守ってくれます

出典:フリー写真素材ぱくたそ

美肌効果も!

お野菜たっぷりのスープなので、もちろん美肌効果も期待できますよね!健康のこともちゃんと考えて、しっかりきれいに痩せたいってみなさん思いますよね?

野菜スープはみなさんのそんな期待にきっと応えてくれますよ!ぜひ試してみてくださいね。

ちなみに、最初にご紹介したスザンヌさんは1ヶ月で7kg痩せたそうです!

しかもウエストはなんと-17cm

あなたもスザンヌさんのようにきれいになっちゃってくださいね!

スープジャーを活用してダイエットを!

野菜スープ

野菜スープ

栄養と水分が摂取できます

出典:o-dan

スープを使ったダイエットは長年TVや雑誌、メディアなどで取り上げられてきました。そのスープダイエットが長く人気なのは、継続しやすく、満腹感を得られ、お腹にたまった便もスッキリするなどメリットがたくさんあるからでしょう。

スープダイエットは朝や夜に行ってもかまいませんが、お昼にも活用することができます。専業主婦の方であればお昼にスープを作れば良いのですが、忙しい社会人の方はそうはいきませんよね。

そこで、会社員の方はスープジャーに入れてスープを持っていくのがおすすめです。お弁当を作るよりも時短で手作りのおひるごはんが完成しますよ。

なぜスープはダイエットに良いの?

スープでダイエット

スープでダイエット

いろいろな効果が期待できます

出典:o-dan

なぜスープはダイエットに良いとされているのでしょうか。その理由をいくつかあげてみます。

お腹がスッキリする

スープには野菜をたくさん入れることができます。よって、野菜による食物繊維の効果や水分をたくさんとることができることから、お腹をスッキリさせる効果が期待できるでしょう。スープには、固形の野菜はもちろん、ポタージュにしても見た目以上にたくさんの野菜を入れることができます。

野菜には食物繊維がたっぷり含まれていますので、お腹をスッキリさせる効果があります。

食物繊維

食物繊維

お腹スッキリ!

出典:o-dan

また、便秘の原因には水分が不足して便が硬くなってしまうというものがあります。1日あたり2L以上は水を飲むのが理想的ですが、難しいのが現実……。そこで、スープを飲めば水分を摂取することができるので、便をやわらかくする効果がきたいできます。

ビタミンやミネラルとたくさん摂れる

野菜類は三大栄養素(炭水化物・糖質・脂質)の源とはなりませんが、ビタミンやミネラルが豊富です。スープに入れた野菜から、ビタミンやミネラルをしっかり摂りましょう。

ビタミンやミネラルはエネルギーを燃やすための代謝経路で、なくてはならない存在となりますから、ダイエット中にもしっかり摂っておきたい栄養素ですよ。

また、スープに入れる具材として人気のトマトには、リコピンが入っていますから、美容に気をつかっている女性にはうれしい効果がたくさん期待できますね。

スープにおすすめの野菜やスープを作るコツ

作るコツ

作るコツ

コツを押さえましょう

出典:o-dan

スープに入れるのにおすすめの野菜やスープを作るコツを紹介います。

ポタージュにすると美味しい野菜

ポタージュスープといえば、何を思い浮かべますか?かぼちゃ、じゃがいも、コーンなどでしょうか。これらはポタージュとして外食でもよく売られていますよね。

ポタージュにすると意外と美味しい野菜として、グリンピース、枝豆、にんじん、ねぎ、さつまいも、小松菜、ほうれんそう、などがあります。どれもポタージュとして見かけることは少ないですが、美味しいので飽きたらぜひ取り入れていきましょう。

コンソメスープ

ミネストローネ風の作り替えが飽きないのでおすすめ。スープを毎回作るのが手間な場合は、1度に2日分ぐらい作ってしまいましょう。しかし、2日も同じ味では飽きてしまいますよね。

そこで、コンソメスープに飽きたらトマトジュースを追加してミネストローネ風にするという方法があります。トマトジュースを入れて再度加熱するだけなので、簡単ですよ!もうひと手間加えるなら、トマト煮の缶詰も入れれると良いですね。

スープジャーを上手にダイエットへ取り入れよう

ダイエット成功!

ダイエット成功!

目標を達成して楽しい生活を送りましょう

出典:o-dan

スープジャーを使えば、いつでもどこでもスープを飲むことができます。ダイエットにスープを取り入れた際には、ぜひランチにも活用していきましょう。スープダイエットをする際に1つ気を付けたいのは塩分の摂りすぎです。

塩分を入れなければ薄く感じるかもしれませんが、野菜をたっぷり入れたら野菜からうまみがでますので、野菜をたくさん入れて量を調節してくださいね。

ダイエットには野菜スープ

運動以外のダイエットという食事制限を思い浮かべる人も多いと思います。食事制限によるダイエットにも色々あり、有名なものでは「糖質制限」や「炭水化物制限」があります。

野菜スープ

野菜スープ

野菜をたっぷり摂取しましょう

出典:o-dan

単なる食事制限とは違い、1日の活動に必要なカロリーや栄養素(ビタミン・ミネラル)を確保しつつ、カロリーを抑えてダイエットをするものです。

成人女性が1日に必要とされるカロリーは年齢や運動量にもよりますが最低で1800~2000kcalと言われています。一般に、運動や日常生活で消費するカロリーより食事から摂取するカロリーが少なければ、体重が減って結果的に痩せる事が出来ます。しかし、体重が減るという事は身体を構成する要素のうち、骨は短期間で減りませんから、脂肪か筋肉が減る事になります。

野菜スープでダイエット

野菜スープでダイエット

野菜スープは低カロリーです

出典:o-dan

脂肪を減らすためのダイエットですが、間違った食事制限で筋肉が落ちてしまっては健康的に問題があります。

また、毎日の食事ですから味覚も大切です。いくらダイエットに効果があると言っても、美味しくなければ続けられません。余分な脂肪だけを燃焼させて、毎日美味しく続けられるのがダイエット食としての野菜スープなのです。

ダイエットの大敵はカロリーだけ?

ダイエットの大敵はカロリーだけではありません。間食やアルコール、乱れた生活習慣による不規則な食事もダイエットの妨げになります。

間食

間食

ダイエットに誘惑はつきものです

出典:visual hunt

仕事中などに、つい手に取ってしまうお菓子で間食して糖分や脂質を取り過ぎたり、夜食で消化しきれないカロリーを摂取してしまったりとダイエット中のカロリーコントロールは難しいものです。

ダイエットのために、カロリーの総量だけに着目しては、必要な栄養素であるミネラルやたんぱく質が不足し、肌荒れや貧血の原因にもなりかねません。

タンパク質

タンパク質

ミネラルやタンパク質が不足しないように注意!

出典:Pixabay

人が必要とする栄養素は炭水化物・脂質・タンパク質・ビタミン・ミネラルの5大栄養素と呼ばれるものに分類されます。

この内、炭水化物は即効性のある活動のエネルギー源となり、活動で消費されない炭水化物は体内で脂質となって蓄積されてしまいます。脂質は炭水化物より高カロリーでダイエットの大敵とされがちですが、逆に不足すると肌荒れやビタミン吸収の妨げにもなる重要な栄養素なのです。

適度な運動

適度な運動

有酸素運動も取り入れてダイエットの効率を高めましょう

出典:visual hunt

こうした様々な栄養をバランスよく摂り、カロリーを抑えながら健康的にダイエットをする事が重要なのです。

カロリーを抑えた野菜スープ

そこでオススメしたいのが「野菜スープ」です。ダイエット中であっても、必須ビタミンやミネラルを摂取できて、かつカロリー控え目なダイエット食です。

野菜にはビタミンやミネラルを豊富に含んだものが多いですから、食材を上手に選べば効果的にダイエットをする事が出来ます。また、女性にうれしい食物繊維も豊富に摂取する事が出来ます。

野菜はダイエットの味方

野菜はダイエットの味方

食物繊維で便秘の改善も期待できます

出典:Pixabay

ただし、気をつけていただきたい点は、野菜にも高カロリーな野菜・果実や塩分・糖分を含んだものがある、という事です。

例えば、アボガドは意外と脂肪分が多く高カロリーになり易い傾向がありますし、簡単に摂れる野菜ジュースには塩分を含んだものもあります。

アボガド

アボガド

野菜であっても成分は要チェックです

出典:Pixabay

そして、調理方法にも工夫が必要です。野菜に含まれるビタミンには熱に弱い性質を持つものもあります。

野菜スープにするため、長時間煮込んでしまってはこうしたビタミンが加熱調理で破壊され、せっかくの野菜スープもダイエットの効果がありません。

上手な食材選びと正しい調理方法で「野菜スープ」をダイエット食として無理なく続ける事で健康的なダイエットを心がけましょう。

ジュース

ジュース

塩分に注意です

出典:visual hunt

ダイエットにはカロリーを抑えた野菜スープが効果的

ダイエットに効果的な野菜スープについてご紹介しました。ダイエットには、カロリーを控えるだけでなく、必要な栄養素はきちんと確保する事、食材は上手に選ぶ事や調理方法にも工夫が必要な事がお分かり頂けたと思います。

ダイエットは継続してこそ意味があります。野菜スープで健康な身体を手に入れましょう。

ダイエット効果満点の脂肪燃焼スープとは

ダイエットスープ

ダイエットスープ

美味しく減量を達成しましょう

出典:o-dan

脂肪燃焼スープは、本来肥満の心臓病患者さんを手術が受けられるレベルまで減量させることを目的にした、食事療法のレシピです。医療現場で考案された方法だけに、栄養不足になる心配がなく、安全性と信憑性があります。

スープダイエットは、3食のうち1食をスープにする置き換えダイエットと、1週間スープを中心に食べるダイエット方法の2種類があります。

置き換えの場合は、その名のとおり夕食をスープのみにして、あとの2食は好きなものを食べるなど、通常の置き換えダイエットと同じやり方で、1週間ダイエットよりは効果がゆるやかですが、芸能人のスザンヌさんなど多くの人が結果を出しています。

1週間ダイエットの方は、その脂肪燃焼スープを決められたレシピの通りに作り、決められたルールを守りながら1週間を過ごすだけという実に単純な方法です。ルールが細かく決まっていますが、置き換えに比べてしっかりと体重を落とすことができます。

ダイエット7日間のルール

スープダイエットのルール

スープダイエットのルール

基本を押さえましょう

出典:o-dan

1週間スープダイエットの場合、以下のルールを守りましょう。

1.お酒は禁止です。

もし飲んでいたら、飲んでから24時間以上あけてから開始するようにします。

2.砂糖など甘味料は取らない

スープダイエットは脂肪を燃やしてエネルギーにかえる必要があるため、糖質は避けるようにします。スープには野菜の甘みが出ますし、フルーツを食べられる日があるのでその日までは我慢しましょう。

3.清涼飲料水は禁止

飲み物は水、お茶、ブラックコーヒーのみにします。カロリー0の物も人口甘味料が入っているのでダメです。日によっては無添加・無糖の100%ジュースなら可なので、その日まで我慢です。

4.炭水化物は食べない

炭水化物の殆どは糖質でできていますので、飲み物と同じように避けるようにします。

5.毎日欠かさず野菜スープをお腹いっぱい食べること

このルールによって、脂肪燃焼と体重減少をより効果的に促進させることができます。

また、野菜スープには脂肪燃焼効果だけでなく、食物繊維がたくさん入っているので老廃物の排出や便秘の改善もしてくれるため、より脂肪の燃焼がしやすい身体になります。

さらさら血液になり、血液循環が改善されることで代謝が上がったり、免疫がアップして病気になりにくい身体を作ることもできるのです。

スープのレシピと注意点は?

注意点

注意点

スープダイエットの注意点です

出典:o-dan

脂肪燃焼スープの具体的な内容を説明します。まず以下の材料を準備します。

キャベツ:半玉
パプリカ:1個(ピーマンでも可)
タマネギ:大3個
セロリ:1本(人参で代用可)
ホールトマト:1缶(400g、トマト大3個でも可)
コンソメキューブ:1個
水:2〜3リットル

以上です。手に入りやすい食材ばかりなので、かんたんにはじめることができます。コンソメを使わずスープの出汁をとる場合は、かつお節10g、鶏がらスープの素小さじ1、昆布5g、塩少々、しょうが1片で作ります。

作り方はかんたん。野菜を食べやすい大きさに切り、鍋に入れて水とコンソメ(もしくは出汁)を入れて煮込むだけで出来上がり。この基本形が守られていれば、風味を足したり味付けを変えても大丈夫です。

さらに期間中は以下の食事を守らなければなりません。大切ですので復習しておきましょう。

1日目:スープとフルーツ(バナナ以外)、水分は水か100%の果汁ジュース
2日目:スープと野菜(油を使わなければ調理法は自由)、夕食のみ少量のバターとベイクドポテトはOK
3日目:スープと野菜(ベイクドポテトもダメ)とフルーツ(バナナ以外)
4日目:スープとバナナ(3本)、スキムミルク500ml(バナナとスキムミルクと氷でシェイクにするといいかも!)
5日目:スープ、鶏肉か350〜700gの赤身の牛肉(煮魚でも可)、トマト(最大6個)
6日目:スープ、牛肉(制限なし)、野菜(ベイクドポテト以外)
7日目:スープと玄米、野菜、100%果汁ジュース

一見厳しく見えますが、制限があるのでかえって準備が楽ですし、スープはいくら飲んでもいいので、ダイエット中にありがちな空腹によるストレスがなくなります。

注意点として、5日目の肉は茹でるか焼くようにして、鶏肉の皮は食べないようにします。100%ジュースは、市販のものの殆どは砂糖や甘味料が入っているので、できるなら手作りのフレッシュジュースにすると栄養価も高く安心です。

スープにプラスする食材は、舞茸がおすすめです。きのこ類は野菜に比べ食物繊維が多く含まれています。中でも舞茸はグリスリンという、内臓脂肪を燃焼する働きがある成分が含まれているため、ダイエットには欠かせない食品です。

またアンチエイジングにも効果があると言われていますので、積極的に取り入れたいですね。ただ、食べ過ぎると下痢を起こしてしまう場合があるので、1日に100g程度がいいようです。食べ過ぎないように注意してください。

ダイエットを長続きさせるためにスープへひと工夫

ひと工夫

ひと工夫

ダイエット継続のコツです

出典:o-dan

スープダイエットが続かない原因として多いのが、スープの味に飽きてしまうことです。上記のとおり、基本形が守られていれば、風味や味付けでアレンジが可能です。

カレー粉やガーリックパウダー、またトマトやコンソメに合うハウス食品の『香りソルトイタリアンハーブミックス』を使っている人も多いようです。無調整豆乳ベースにするのもいいですね。

さらに、制限していると逆に欲しくなってしまうのが甘いものではないでしょうか。お菓子は砂糖などの甘味料が入っているため禁止ですが、フルーツをゼリーにしたり凍らせたり、無脂肪のヨーグルトに入れるなど工夫してみましょう。

また、このダイエット方法は炭水化物を摂らないため、1週間以上続ける場合は注意が必要です。炭水化物不足になると、思考力や集中力が低下したり、体臭や口臭、体調不良の原因となることがありますので、バランスよく炭水化物も取り入れるようにしてください。

いくら安全性の高いダイエットだからといって、やりすぎは禁物です。万が一期間中に体調が悪くなったら中止して、健康第一できれいな身体を手に入れてください。