2017年5月13日 更新

痩せることができるダイエットを実行することが成功への近道である

ダイエットをして痩せたいのであれば、痩せる効果がある効果的な方法を導入しなければいけません。効果がどのように現れるのかをしらないでダイエットを始めてしまいますと、ただ何となく始めてしまい、効果が実感できないからとすぐに諦めてしまう可能性があります。実際に痩せることができる理由がきちんと証明されている、ダイエットの基本を学びましょう。

2017年5月13日 更新

痩せることができるダイエットを実行することが成功への近道である

ダイエットをして痩せたいのであれば、痩せる効果がある効果的な方法を導入しなければいけません。効果がどのように現れるのかをしらないでダイエットを始めてしまいますと、ただ何となく始めてしまい、効果が実感できないからとすぐに諦めてしまう可能性があります。実際に痩せることができる理由がきちんと証明されている、ダイエットの基本を学びましょう。

食事の時は30回以上咀嚼しよう!

よく噛んで食べる

よく噛んで食べる

ダイエットに効果的です

出典:o-dan

体を引き締め、痩せるためには、自分の行動を見直す必要があります。食事の際、最低でも30回噛むことで、ダイエットを成功させることができるでしょう。

じっくりと時間をかけて30回咀嚼すると、満腹中枢に刺激を与えることができるため、自分の脳にもう満足していると伝達することができるようになります。そのため、食べ過ぎてしまう危険性がありません。

また、30回と言う長い時間をかけて噛むことで、唾液の分泌量を増やすことが可能です。唾液が多く出されると、食べたものをすぐに糖へ変化させるため、血糖値を向上させていつもより速いスピードで満腹中枢に刺激を与えることが可能です。

また、食事を摂取している時に体が熱で火照ることがあります。この症状は、食事誘発性体熱生産と呼ばれており、人間が1日に消費するはずである熱量の1割を占めています。

そのため、よく咀嚼して食べ物を摂取することで、食事誘発性体熱生産に使われる熱量を増加させることができますので、ダイエット効果を得ることができるでしょう。確実に痩せることを目指しているのであれば、必ず30回は噛むことが必要不可欠です。

食べた後はできるだけ動くことが大切

食後の運動

食後の運動

負担がかからない程度に運動しましょう

出典:o-dan

ダイエット中に制限した食事を摂取していても、食べた食品は、体内でブドウ糖に変わっています。ブドウ糖は熱量に必要不可欠となっているのですが、エネルギーに使われなかったブドウ糖は、脂肪となってしまいます。そのため、食後はできるだけ動くことが大切です。

食後の運動として最も効果的なのが、筋肉トレーニングです。食事の後に動くことで、脂肪の元となるインスリンの発生を抑える効果があります。筋肉トレーニングをすることで、ご飯の時に摂り入れた脂肪成分を熱量に変えることができるため、脂肪が蓄積されにくい体を作ることが可能です。

筋肉トレーニングをすることで、血液を流れるアミノ酸成分を筋肉の材料として活用することが可能なので、筋肉が付きやすく、引き締まった体に肉体改造することができるでしょう。

ただし、食事を終えてすぐに筋肉トレーニングなどの運動をしてしまうと、消化に必要な血液が筋肉に移動してしまう恐れがあります。その結果、口に入れた物が消化されませんので、消化不良などになってしまう危険性があります。

運動をする時は、食べ物がきちんと消化されるように、30分は待つことが大切です。

夕ご飯は早めに終えよう!

早めの夕食

早めの夕食

夜遅くには食べないようにしましょう

出典:o-dan

ダイエットを成功させて痩せるためには、食事の時間を考えることが重要です。遅くても20時までには食事を終えておくことが理想です。

人間の体は、18時から深夜の時間はBMAL1と呼ばれているたんぱく質が体内で生まれています。BMAL1は、夜に発生するのが特徴的なのですが、体の中に脂肪を集めようとする働きをします。

そのため、夕食を食べる時間が遅ければ、その分消化されること無く脂肪として体に溜まってしまいますので、痩せる体を手に入れることは難しいでしょう。

夕ご飯を摂る時は、時間に気をつけてできるだけ早くすることが重要です。

脂肪燃焼を助けてくれる唐辛子を料理に使おう!

脂肪の燃焼

脂肪の燃焼

効率よくダイエットするコツです!

出典:o-dan

香辛料として愛用されている唐辛子ですが、ダイエットをしている人にとっては、救世主と呼べる存在です。唐辛子には、カプサイシンが含まれており、脂肪を燃焼しやすくしてくれる効果があります。

黒田愛美医師によれば、BMI25~35の人にカプサイシンを摂り入れる実験をしたところ、お腹の脂肪率が低くなったと結果が出ています。

また、カプサイシンを体内に入れると、30分~2時間ほどの間、エネルギーの消費が向上しており、体の代謝を高めました。研究で結果が出ているカプサイシンの力を借りて、脂肪を効率良く燃やすことが大切です。ただし、脂肪燃焼に良いからと、たくさん食べることはとても危険な行為です。

大量にカプサイシンを食べてしまいますと、胃潰瘍の悪化の危険性がありますし、組み合わせによって、たくさん摂取すると癌になる危険性が高まりますので、注意が必要です。唐辛子を食べ過ぎないように、量を調整しながら料理に加えましょう。

根拠のあるダイエットで痩せることが大切!

ダイエットをする時は、きちんと痩せる理由が証明されている方法を始めることが大切です。満腹中枢を刺激することができる30回以上の咀嚼や、体に脂肪を溜めようとするBMAL1を防ぐために早く夕食を終えるなど、確実に痩せることができるダイエット方法を始めることが重要です。